地元で働く

風俗嬢として働く場合、何処で働くか迷います。知らない土地で知らないお店で静かに風俗嬢として働くのもいいのですが、それではさみしいと思う方もいるのです。風俗店はどの町に行ってもあるのですが、色々な条件で地元の風俗店で働く人も多いのです。

地元の風俗店で働く場合は、地元なので土地勘もあり、その地域の事を良く知っているのでメリットは大きいです。風俗嬢として、地元で働く事に抵抗感がない場合は、それで接客サービスを行う事が出来ますが、地元では抵抗感がある方は、他の地域で働く事になります。

地元でキャバクラ等での風俗店で働く場合、自分の知り合いが入店する場合もありますが、それが好都合になる可能性もあります。知り合い等が入店したときには、指名される可能性も高くなるので、稼ぎやすくなります。また、知り合いが知り合いを呼んでくる可能性もあるので、そこからお客さんが増えていきます。

地元の風俗店で働く場合、知り合いから客層が広がる可能性もあるので稼ぎやすくなる場合もあります。しかし、その反面デメリットも出てくる事もあります。しかし、住み慣れた地元で働く事が出来るという事は、風俗店であったとしても良い事なので、地元に良い条件のお店があったら入店してみましょう。

風俗嬢はどこで働く?

風俗で働こうとしている女性は、どの様な風俗店で働くといいのでしょう。風俗で働く場合、一般的な会社と比較すると少々月収が高めですが、その分大変な事も沢山ありますので、よく考えてから働く風俗店や業種を決める事が重要です。

接客ができて、お客さんと話が出来るようであれば、キャバクラ等の接客サービスがお勧めです。しかし、お客さんと一緒にお酒を飲む事が多いので、お酒に弱い方は難しい事になります。そのため、お酒で酔わないように注意し、接客サービスを重点に行う必要があります。

風俗嬢の場合、その業種により待遇や休暇、労働条件や福利厚生が違うので、面接の時には確認しておく必要があります。出来るだけ条件の良い風俗店を選択する事になりますが、注意したいことは給料面や接客サービスの範囲です。

風俗店は、男性客を相手にします。男性客が風俗店に入店するのは欲情を満たすためというのが多いのです。性的サービスを行うお店で働く場合は、何処までのプレイをしていいのか把握しておく必要があります。デリヘルやピンクサロン等では本番行為を禁止しているお店が多く、それに違反してはいけません。ソープランドは本番行為迄行い、射精まで行います。

どの風俗店で働いてもいいのですが、出来るだけルールや規則を重視するお店を選択する事をお勧めします。また、働いている女の子の出勤状況や健康管理等が十分出来ているお店で働く事が重要な事になるので注意しましょう。